吹き付け塗装の特徴と手順

query_builder 2023/01/15
コラム
44

塗装の方法のひとつに、「吹き付け塗装」があります。
今回は、吹き付け塗装がどんな塗装法なのか、そして手順について解説します。

▼吹き付け塗装の特徴
吹き付け塗装とは、どんな塗装法なのか見ていきます。

■吹き付け塗装とは
吹き付け塗装とは、エアスプレーなどの専用の機械を使用する塗装法です。
空気の圧力を加えたスプレーで、霧状に塗料を吹き付けます。

■均一な塗膜
吹き付け塗装には、塗膜(塗装した面)が均一になるという特徴があります。
これはスプレーによって、塗料を吹き付けるのでムラが発生しにくいからです。
凹凸の多い塗装面でも、均一な仕上がりの塗装を行うことが可能です。

■施工期間を短縮
吹き付け塗装は、手で塗る塗装法に比べて工期が短くなる特徴もあります。
スプレーによって広範囲の塗装が、短時間で行うことが可能であるためです。
塗装面が広い程、吹き付け塗装の強みを生かすことができます。

▼吹き付け塗装の手順
吹き付け塗装を行う場合の手順について見ていきます。

■高圧洗浄
高圧洗浄機で塗装する部分を洗浄します。
塗装する部分に、汚れや藻などがついていると塗料が密着せず剥がれやすくなります。
塗膜を長もちさせるために、高圧洗浄の工程は欠かせません。

■養生
養生とは塗料の飛散を防止する工程です。
吹き付け塗装は、霧状に塗料を吹き付けるため、手塗りよりも塗料が飛散する可能性があります。
マスキングテープ・養生シートを使って、塗装する部分を区切ることで塗装面以外への塗料の付着を防ぎます。

■重ね塗り
吹き付け塗装は、数回に分けての重ね塗りを施します。
数回に分けて塗装を行うことで塗膜の密着度を向上させ、塗りムラの発生を防止します。
通常、一回目の塗装(下塗り)には下地専用の塗料を塗り、塗料の密着度を高めます。
2回目以降の塗装で、塗膜を厚くして耐久性の高い塗膜を作ります。

▼まとめ
吹き付け塗装の特徴と手順について解説しました。
吹き付け塗装には均一な仕上がりになる、施工期間を短縮できる特徴があります。
高圧洗浄、養生、重ね塗りという手順によって行います。
当社では吹き付け塗装だけでなく、さまざまな塗装法に対応しています。
お住まいに最適な塗装法を提案しますので、ご相談からお声がけください。

NEW

  • 屋根・外壁塗装 工程紹介

    query_builder 2022/08/27
  • 沼田中学校体育館屋内運動場塗装してきました。

    query_builder 2022/02/08
  • 吹き付け塗装の仕上げの種類

    query_builder 2023/02/01
  • 吹き付け塗装の特徴と手順

    query_builder 2023/01/15
  • 収縮クラックの原因と対処法

    query_builder 2023/01/01

CATEGORY

ARCHIVE